2010年01月09日

『ベーシックインカム』ということ

最低限所得保障。先の総選挙で新党日本がマニフェストに掲げていたことから、興味を持ってWebなどで簡単に調べてはいたが、どうもしっくりこなかった。まずは財源が問題である。そもそも税金も払っておらず働く気もない人に所得保障をするなどということが、倫理的に許されるのか。まったく絵に描いた餅にしか思えなかった。実現性のない田中康夫の夢物語かはったりだろうと思っていた。
ベーシックインカムについては、その程度の理解であった。この本はネットで注文してあったものを、10月に東北出張の際に、移動の新幹線の中で1−2時間で読んだものだが、あらためてベーシックインカムに興味を持った。ただし、咀嚼するのには1ヶ月ほどかかった。なるほどと合点がいったのは、頭の中であれこれとシミュレーションを繰り返した後であった。
この暮れからの派遣村の報道を見ても、結局は仕事がなく、住居の確保と生活保護の申請に焦点があるようで、国が責任を持って、こうした状況を打開することを考えるなら、思い切った政策の転換が必要であろう。ベーシックインカムが、新しい雇用の流動と新規分野への産業の進出を導くのであれば、現在の不況下では、新しいパラダイムとして大きな可能性が広がるとすら思えてくる。
例えば今、私が関わっている能登島の過疎化問題など、問題解決につながる糸口が見つけやすい。最低限の現金があれば、地域資源は豊富であり、田畑は余っているので、昼間は農作業して、夕方に海岸でタコを捕っていれば、生活にはさして困らない。また安心して、新しい地場産業にもじっくりと取り組むことができる。自然が豊かで、これほど暮らしやすいところはないということになる。自然好きな変わり者の医者が住みついたりと、過疎化も解消されるかも知れない。

posted by 高橋久 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34646116

この記事へのトラックバック