2010年02月20日

思い切りの良さ「デジタルメモ帳ポメラ」

会議で議事録をとらなければならない機会が増え、終わってからのPC作業が大変なため、携帯しやすいコンパクトなノートPCがほしかった。ショップに見に行くたびに、携帯性をとるとキーボードが小ささすぎ、キーボードをとると常に持ち運びする気にならない大きさとなってしまい、手を出さなかった。また、ものぐさな質のため、鞄に入れたままでもバッテリーを気にしないで良い、アダプターを持ち歩ないでも良い駆動時間の長いものを探していたが、なかなか良いものがなかった。さらに、会議の時は、準備やら挨拶やら司会やらで、あたふたと始まることが多く、とくに短時間会議など、立ち上げに時間がかかるPCは、メモ用には実用的でなかった。
そんなときにキングジムより、ポメラという、テキスト入力専用の製品が出たということを知って、早速ネット注文した。実は、既に1年以上前に発売されていたとのこと、今回はその後継機種のポメラDM20という機種を購入した。これはPCではなく、デジタルメモ帳、あくまで事務用品としての位置づけ。割り切りが非常にいい。
携帯PCをみるたびに、気になっていたキーボードの小ささは、折りたたむことで解消されている。普段使っているキーボードよりは一回り小さいが、キー間隔が17mmということで、私の太い指でも問題ない。立ち上がりは、2秒ということであったが、電源を入れるとほぼ同時という感じで入力可能。メニューもわかりやすい。日本語入力システムはいつも使っているATOK。厚さ33mmということだったので、かなり分厚いのではと懸念があったが、届いたものを見る限りそれほど気にならなかった。これは使える。デジタル関係では、久しぶりのいい買い物をした。
気になる点は、キーボードを広げるときに液晶画面が中央に配置されるようにキーボードがスライドするが、構造がやや複雑なために、あまり乱暴には扱えない感じがすること。広げた時に、はみ出たキーボードの右端のがたつきを押さえるため、裏側の板状の脚をスライドさせなければならないのが面倒である。例えば枕元においておいて、メモをとるときなど不便である。しかし、作りは当初予想していたよりは、はるかにしっかりしている。キーボードはパンタグラフ式で打ちやすい、がたつきもない。
その後、構造を簡単にした新機種が出るとのニュースで、できるだけシンプルで乱暴に扱えることを望む私には、こちらの方が良かったかもしれない。ただ、スペック的に落ちること、とくに液晶画面が小さく解像度も落ちることが気になる。
是非液晶画面は小さいままでよいので解像度は元に戻して、DM5neoを出してほしい。また、液晶が左側配置になるという欠点は、液晶の側をスライドさせるということで対応できないだろうか。今のデザインは、液晶が小さくなっただけ、折りたたんだときに左上部が欠けてしまうのでその部分を有効に活用すれば可能なような気がする。またそこにストラップを付けられるようにしたら、ターゲットとしている若い女性にも受けるのでは?。



posted by 高橋久 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記